Top > 生活

生活

生活一覧

髪の毛が減ってきたらどうすればいいか

髪の毛が少ない、生え際が後退している、分け目が薄いなど、薄毛で悩んでいる人は男女問わずにたくさんいます。原因としては、生活習慣の乱れや、睡眠時間、食事、ストレスなどもあるようです。   育毛の方法として、まずマッサージがあります。ツボを刺激することによって血行促進に効果的です。またシャンプ

髪の毛が減ってきたらどうすればいいかの続きを読む>

確かに大変な国際結婚手続き

彼女の国がキリスト教国だと、結婚は簡単だけど離婚は難しいと聞きますね。なんでも、宗教的に、結婚というのは契約ではない、だから解消も無い、よって離婚が無い、という論理だそうで、離婚の際はお互い相手を嫌いになっているので、国際結婚の手続より遥かに労力を要すると聞きます。国際結婚手続きに七転八倒している私

確かに大変な国際結婚手続きの続きを読む>

配偶者ビザのトラブル

今日、日本に入国できなかった外国人の話題がずいぶんネットにでていましたが、あんなの、配偶者ビザの不許可に比べたら深刻度低いです。わたしの周りには日本の配偶者ビザが下りなくて、何度やってもダメで、旦那の国で暮らしている友達がけっこういます。旦那の母国が先進国ならいいけど、途上国だと、けっこう大変で、外

配偶者ビザのトラブルの続きを読む>

帰化したワンコの明日

オーバーステイをした場合、帰化申請がなかなか受け付けられないと聞いた事はありますか?実際、オーバーステイの経歴があることは、帰化申請の際にマイナスにとられる要素の一つといわれています。10年ほどは帰化申請を受け付けられない状態となるほか、受け付けてもらえたとしても許可がおりる可能性は低くなると考えら

帰化したワンコの明日の続きを読む>

更年期の強い味方イソフラボン

女性のの場合、40代後半になると女性ホルモンが激減し、やがて閉経します。このとき、女性ホルモンの中にあるエストロゲンが減ることによって起こるが更年期障害で、身体のほてり、イライラ、不安感、肩こり、冷え症、頭痛、不眠、うつなどいろいろな症状が現れます。 ちなみにエストロゲンは上記症状があらわれなくても

更年期の強い味方イソフラボンの続きを読む>

テスト

テスト記事です。

テストの続きを読む>

カテゴリー
更新履歴
髪の毛が減ってきたらどうすればいいか(2014年12月29日)
確かに大変な国際結婚手続き(2014年11月12日)
配偶者ビザのトラブル(2014年11月12日)
帰化したワンコの明日(2014年11月12日)
更年期の強い味方イソフラボン(2014年10月 7日)